更年期障害の治療方法の種類

気になる更年期障害の治療方法の種類

多くの症状を呈する更年期障害ですが、様々な治療法が行なわれています。

 

主な治療法は、ホルモン補充、プラセンタ、漢方薬の3つです。

 

メジャーなホルモン補充療法

 

一番メジャーな治療法はホルモン補充(HRT)と呼ばれるホルモンを補う方法です。

 

注射薬を用いると痛みを伴いますが、今では様々な経口薬や貼付薬が開発されています。

 

日本で初めて認可された塗り薬としては「ル・エストロジェル」が有名であり、皮膚から吸収されるため肝臓での初回通過効果を受けないため、有効成分の利用率が高くなりやすくなっています。

 

ホルモン補充療法のリスク

 

しかしこういったホルモン補充療法を受けている人は、受けていない人と比較した時に乳がんの発生リスクが1−1.5倍程に上昇することが知られており、副作用がないわけではありません。

 

また、本来は卵巣以外に副腎皮質にもエストロゲンを合成する細胞が存在しているのですが、外部からエストロゲンを吸収してしまうとそういった細胞の働きが鈍く可能性も否めません。

 

ホルモンの効果とリスクを医師と相談しながら治療をすることになるでしょう。

 

その他の更年期障害の治療方法

 

他にプラセンタを注射する療法もあり、国が認可しているメルスモン注射であれば保険適用となり一回数千円と比較的安価で治療を受けることができます。

 

今現在のところ、メルスモンの注射に関する目立った副作用の報告はありません。

 

また漢方による治療もあり、加味逍遥散や柴胡加竜骨牡蛎湯などの血液や気の流れを整えると言われる漢方を用いる方もいますが、効果には個人差がありますので注意が必要です。