更年期障害の症状について

更年期障害の症状について

一言で更年期障害と言っても、症状は様々になっており、人によってどのような症状が現れるか分かりません。

 

ここでは、そんな多くの更年期障害の症状の中でも、発生する事が多い症状について説明します。

 

イライラ・怒りっぽい

 

多くの女性が経験する、イライラや怒りっぽいと言った症状は、家族など周りの人に理解してもらう事ができない難しい症状になっています。

 

予防や対策としては、セロトニンを活性化させるために朝日を浴びると言う事がお勧めで、その他、ミネラルやビタミンを積極的に摂り入れて行く事をお勧めします。

 

のぼせ・ほてり・多汗

 

上半身や特に顔だけにほてりを感じたり、暑いわけでもないのに汗が噴き出すような事があるのが特徴的な症状になっています。

 

対策としては、軽度の運動を行う事や、ハーブティーを飲むような事しかなく、外出先で気になるようなら、服装などに工夫するしか残念ながら、ありません。

 

気分の落ち込み・うつ

気分の落ち込みやうつにおいても、なかなか家族などに理解を求める事が難しい症状になっています。

 

その為、自分自身で向き合っていくしかありません。

 

対策としては、まずは、無理をしないと言う事が第一で、たまには手抜きをする事が一番になっています。

 

また、半身浴で体を温める事も良いリラックスタイムになってきます。

 

その他、肉類やプロセスチーズ、牛乳などに多く含まれているセロトニンを摂取する事で、幸福感を満たす事ができるとも言われています。