更年期は個人差がある

更年期は個人差があります

まず更年期とは閉経を挟んだ前後10年間の事を指します。

 

女性ホルモンの減少とともに生理が止まったりする事で体に変調をきたす事が知られています。

 

更年期とは誰にでも起こる時期ですが、この間にホルモン減少により体に出てくる色々な症状が日々の生活を制限するような事が起こり医師による治療が必要な場合を更年期障害と呼ばれます。

 

全ての人が更年期障害を経験するわけではなく、穏やかに更年期を通過して老年期へと移行する人もいます。

 

一般的な更年期の症状

 

更年期にはいるとホルモンの量が減ってしまう為より多くのホルモンを出そうと視床下部より性腺刺激ホルモンが大量に放出されます。

 

これによる自律神経失調症のような状態になり体温の調節が上手くいかなくなり、体や顔が火照ったり汗が止まらなくなったりする事がよくあります。

 

精神状態の不安定

 

その他にも更年期特有の症状としてうつ状態があります。

 

これは自律神経失調によるところが大きいとされていますが、日頃の落ち込みから精神的に参ってしまい自分では問題が解決できない状態になります。

 

一般的な更年期の症状や精神状態の不安定な場合双方ともホルモン補充療法で様子を見る事ができます。

 

これは血液検査などでホルモンが足りていない事が確認出来ていれば不足しているホルモンを補充するという方法です。

 

女性ホルモンは卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンから出来ていますが、エストロゲンの補充と並行して黄体ホルモンの補充を一緒に行う事でホルモン補充のリスクの一つとして知られている癌化を防ぎます。

 

ホルモン補充療法は婦人科で行われている治療で個人で勝手にホルモン剤を服用する事は危険ですので必ず医療機関を受診しましょう。