更年期障害の症状と摂るべき栄養素

更年期障害の症状と摂るべき栄養素

更年期障害は卵巣機能の低下に伴い女性のホルモンの分泌が低下し、ホルモンバランスが乱れることで起こる身体的精神的な不調のことで、自律神経失調症の一つです。

 

女性が閉経を迎える50歳前後に多く表れる症状で、卵巣から分泌されるエストロゲンの減少が大きな原因の一つです。

 

主な症状は全身的な症状としてほてり、のぼせ、動機、めまい、だるさ、肥満、むくみ、冷えなどがあります。

 

運動器官系の症状としては、肩凝りや腰痛、手足のしびれなどがあり、精神的な症状としてはイライラ、不安、うつ、神経痛、睡眠障害や意欲の低下が挙げられます。

 

また消化器系にも症状が現れることがあり、吐き気や嘔吐、食欲不振などの症状が更年期障害の症状として考えられます。

 

一般的に更年期障害の期間は閉経を挟んで前後10年と言われていますが、それには個人差があります。

 

目安となるのは45歳くらいから10年間と考えると良いでしょう。

 

食生活を見直そう

更年期になると骨粗しょう症、高脂血症、糖尿病などになりやすいので、日頃の食事を見直す必要があります。

 

ビタミンやミネラルの豊富に摂れる食材を用いてバランスのとれた食事を心がけることが大切です。

 

また更年期障害に良い栄養素の代表的なものは亜鉛、カルシウム、大豆イソフラボンなどです。

 

亜鉛は乱れたホルモンバランスを整える役割をします。

 

カルシウムは大切なミネラルで、エストロゲンの減少による骨粗しょう症のリスクを低減します。

 

大豆イソフラボンはエストロゲンと構造が似ていることから女性ホルモンに一番近い栄養素として、更年期障害に限らず女性には必須の栄養素です。

 

更年期障害はひとりで悩まず体や精神をリラックスさせて、専門医に相談することで症状を緩和することが出来るのです。