更年期の代表的な症状とは?

更年期の代表的な症状とは?

更年期障害時には、ときとしてさまざまな不快な症状が起こることがあります。

 

症状の内容を事前に理解していると、いざというときの安心材料になるかもしれませんね。

 

更年期の症状

 

更年期の代表的な症状のひとつとして、疲労感があげられます。

 

すぐに疲れたり、何もやる気が起こらない・・このような状態は、更年期の独特の症状となります。

 

つい自分を責めがちになりますが、適切な処置をおこなうことで改善することもあります。

 

また肩こりや頭痛といった不快な症状も、更年期の代表的なものになります。

 

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌の減少により、自律神経が乱れ血流がスムーズに循環しなくなり、頭痛や肩こりになるとも考えられます。

 

日ごろから、意識して血行を高めるような運動をしたりストレッチをして血液循環をよくすると改善が期待できます。

 

そして、のぼせやほてりという症状も出ることがあります。

 

ホットフラッシュとも呼ばれますが急に汗をドッとかいたり顔がほてる等の症状が出ます。

 

これも自律神経のバランスが乱れ、血管の収縮がうまく働かないことによって引き起こされるといわれています。

 

さらに更年期には、イライラや喪失感のような精神的な症状がでることもあります。

 

少しのことで急に怒ったり悲しくなったりと、気持ちのコントロールが乱れる状態になる人もいます。

 

これらの更年期の代表的な症状は、食生活、サプリメントなどにより改善されるケースも少なくありませんので安心してください。