20代でも要注意!更年期障害

20代でも要注意!更年期障害の原因とその症状

50代を控えた女性にとって、気になり始めるのが更年期障害です。

 

更年期障害は、閉経期前後におこる女性特有の症候群ですが、実は閉経を迎える前の20代30代でも発生するという事をご存知でしょうか?

 

閉経期が近づいてくると、女性の体はホルモンの一つ、エストロゲンが低下してしまいます。

 

エストロゲンは女性らしい美しさを保つために欠かせないホルモンとしても知られていますが、女性の内面、いわば女性らしい精神にも重要な働きを担っています。

 

更年期障害の症状として、イライラ、気分の落ち込み、ヒステリーなどが挙げられるのはそのためです。

 

身体的な症状としては、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠などが発生し、ホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせ、原因不明の痺れや疲労を感じる場合もあります。

 

この様に複数の症状が人によって様々発生するために、自分が更年期障害で苦しんでいるという事に気がつかない方も少なくありません。

20代、30代でも更年期障害?

そしてそれは20代、30代の女性にも同じことが言えるのです。

 

生理は毎月来ているから大丈夫と安心してはいけません。

 

更年期障害はエストロゲンの低下によっておこるため、若い女性でもホルモンのバランスが悪くなれば誰でも症状が現れてしまいます。

 

無理なダイエットや運動不足、不規則な生活習慣も原因になりますが、ストレスを抱えたまま頑張りすぎている女性は要注意。

 

最近何となく体の調子が悪いと感じたり、イライラが収まらないといった症状でお悩みでしたら、婦人科などの専門医院を受診されるのが安心です。